その自己処理で大丈夫?全身脱毛前に行うムダ毛の剃り方

全身脱毛の施術を受ける前には、全身のムダ毛を剃っておく必要があります。

ムダ毛が伸びている状態だと全身脱毛の施術を受けるときに、医療レーザーか、インテンスパルスライトなどの光を照射するときにムダ毛が伸びているところに吸収されて、全身脱毛の効果が薄れてしまうだけでなく、火傷をしてしまう危険性があります。

ムダ毛は正しい剃り方をしないと、お肌を傷めてしまいますので、気をつける必要があります。

ムダ毛の正しい剃り方について

まずお風呂で身体を清潔な状態にしてから行う必要があります。

浴槽に浸かってムダ毛とお肌の角質にたくさんの水分を含ませることによって、カミソリに対する抵抗が抑えられて、剃りやすい状態にしてくれます。

そして女性向けのワセリンや、シェービングクリームなどといったシェービング剤をムダ毛を剃りたいパーツに均等に塗ります。

そのときにシェービング剤が手元にないという理由でボディーソープや、石鹸などを塗って剃ってしまうと、お肌を傷めてしまうことになります。

剃り残しがあった場合追加料金が発生する場合も

シェービング剤をきちんと塗って、一通りムダ毛を剃り終えたら、シェービング剤を拭き取り、剃り残しがどこかにないかどうかを確認する必要があります。

特にワキの下や、ヒザ周り、関節の周りは、丁寧に処理したつもりであっても剃り残しが発生しやすいパーツになります。

全身脱毛の施術を受けるときに、剃り残しがあると脱毛サロンのスタッフがシェービングしてくれるのですが、脱毛サロンによってはシェービング代として追加料金を請求される場合があります。

脱毛におけるトラブルの可能性

肌の露出が増えるこの季節、ムダ毛の処理が必要になってきます。脇や腕、足などは日常生活においてもその必要があり、また水着などを着るにあたってはVラインなどのデリケートゾーンの処理も必要になってきます。

脱毛をするにあたって、いくつかの選択肢があります。まず、その方法の選択です。

自宅で行えるムダ毛処理について

一つ目は自宅で行う際に、カミソリや毛抜きを使用したムダ毛処理あります。この方法は、経済的に最もコストパフォーマンスが高く、手軽に行えることで多くの人が一度は行ったことがあるのではないでしょうか。

二つ目は、脱毛剤を使用したもので、カミソリなどを使用して行うよりも効率がよく、その上その精度も高くなります。しかし、これらの自宅で自力に行う方法において、コストパフォーマンスは高いものの、肌トラブルの原因になることが多くあります。

毛抜きを使った方法では埋没毛の原因となり、薬やカミソリを使用した場合には肌荒れなどの問題も生じます。

積み重なる費用を考えてもやはり脱毛サロンが最良の方法

そのようなことから、脱毛を行うにあたってはサロンや美容整形などのプロに任せることが最も良い方法であると言えます。

確かに、自力で行うよりも値段的には高くなりますが、その仕上がりや肌トラブルの少なさという点では段違いです。

結果的には自宅で行い肌トラブルが起こり、病院に行ったり、その対処をしたりしているとそれ以外の出費が増えます。

それでは、コストパフォーマンスの高さを目的にしたにも関わらず、出費は嵩み、仕上がりも良くないといったことになりかねません。

ならば、初めから沖縄にある全身脱毛サロンのプロに任せるのがベストといえるでしょう。

脱毛と整形の関係性とは

近年では世界的な美容ブームが到来し、それはもちろん日本も例外ではありません。脱毛や整形を施して美を追求する人が増え、さらに年を重ねても美しさを保てるような時代となりました。

では、単純に整形と脱毛を両方行えば美しくなれるといえますが、実は両者には切っても切れない関係があります。それは、美容整形を行った箇所は脱毛ができない場合があるということです。

これを把握してあなくて後悔する人もいるので、まずは簡単な知識から必ず把握しておくようにしましょう。

脱毛と整形について、最低限理解しておくべき基礎的内容

厳密に説明していくと、それこそ美容に関する非常に深い専門知識などを理解しなくてはならないため、あくまで最低限理解しておくべき基礎的部分を説明します。

脱毛では特殊な光やフラッシュなどを用いることになり、それらが整形時に残ったきずあとに悪影響を及ぼす可能性があるため、施術を断られる場合があります。

結構単純ですが、意外と知らない人は多いです。ただ、傷の程度や回復具合によっては、該当箇所に触れない範囲で実施できる可能性もあります。

逆に脱毛後の整形は問題がないことが多い◎

そのため、両者の施術の前に行われるカウンセリングなどでしっかりと話し合っておき、また施術後のアフターフォローなども欠かさずに行っておくことが重要となります。

また、逆の順序の場合は問題なく実施できることが多いため、それも検討しておくと効果的です。

内容に関しては、短期間で手に入れようとするのではなく、しっかりとした計画の上で長期間かけて手に入れるようにしましょう。